CCTV大富 All Site Powered By JIUsite.com
社長紹介
中文版 日文版

社長紹介

 

 

株式会社 大富 代表取締役社長

張 麗玲(ちょう れいれい)


(就任当時)

 [ 略 歴 ]

中国・浙江省生まれ。
1989年      女優として北京で活躍後、来日。

1995年 4月  東京学芸大学・大学院修了。
       日本の商事会社大倉商事株式会社に就職。
       仕事の傍ら、中国人留学生の日本での生活を記録するドキュメンタリーシリーズ
      「私たちの留学生活~日本での日々~」の制作を開始。

1998年 2月  株式会社大富 設立 代表取締役社長に就任。

1999年12月~ 中国全土のテレビ局ゴールデンタイムでドキュメンタリーシリーズが放送され、大反響を
       巻き起こす。

2000年 5月~ ドキュメンタリーシリーズ作品のうち「小さな留学生」「若者たち」「私の太陽」をフジテレビ
             ゴールデンタイムで放送。中でも「小さな留学生」はフジテレビで5回再放送
       され、これまで前例のない高視聴率を記録し、大きな反響を巻き起こした。
2002年12月  日中国交30周年記念番組として、張麗玲自身がドキュメンタリーを撮影する姿を7年間追いかけた
       記録が、フジテレビで「中国からの贈りもの」というタイトルで放送され、新たな話題を呼んだ。

2006年11月  10年の歳月をかけて撮影したドキュメンタリー「泣きながら生きて」が、フジテレビのゴールデン
             タイムで放送。
             同年同月、中国文化部と中国大使館主催の「中国文化フェスティバル2006」開幕式をプロデュース。

2007年10月  史上初となる「中国人民解放軍交響楽団日本初公演」を企画・プロデュース。

2009年11月 「泣きながら生きて」全国各地の劇場で半年にわたるロードショーが行われた。

2011年 5月  軽部潤子原作・講談社出版の漫画『君の手がささやいている』の中国語版ドラマ『大愛無声』の
             企画・総合プロデュース。

2011年10月  中国琵琶の皇后-章紅艶のサントリーホールでの来日公演を企画・プロデュース。

2012年 1月  CCTV大富チャンネル全番組の日中二か国語放送を本格始動。

2012年 8月 「泣きながら生きて」の中国語版「含泪活着」が中国(上海電視台)で初放送。

2013年 6月  CCTVの国際児童デースペシャル番組への日本の子供たちの初出演を実現させた。

2015年 6月  CCTV国際児童デースペシャル番組へ栗原小巻氏の出演を実現。

2017年 1月  日中トップの音楽家の交流を描いたドキュメンタリー『終わりなきコンサート』を企画・制作。

2017年12月  日中共同制作ドキュメンタリーシリーズ「チャイナストーリー」を共同プロデューサーとして
       計8話を企画制作。フジテレビ「ザ・ノンフィクション」で放送。

2018年 7月  創設したCCTV大富チャンネルが開局20周年を迎える。

2018年 9月  日中平和友好条約締結40周年を記念し、昔の“長安”である西安にて、
      「2018・西安日中文化交流イベントウィーク」を企画、盛大に開催。大成功を収めた。

今に至る

[ 受 賞 ]
■2001年6月 企画・制作したドキュメンタリー作品「小さな留学生」が、第27回放送文化基金賞
 「テレビドキュメンタリー賞」「個人企画賞」をダブル受賞。
  同作品は「JPPA賞 ドキュメンタリー部門エディティング金賞」、「日本映画撮影監督協会 特別賞」も
  連続受賞。
■2007年6月 中国の中華文化促進会より、中国の文化の発揚に寄与した物に贈られる「弘揚中華文化賞」を
 受賞。
■2007年6月 10年の歳月をかけて撮影したドキュメンタリー「泣きながら生きて」が、第33回放送文化基金賞
 個人・グループ部門 「放送文化」受賞。

■2010年12月 中国で学術・文化の分野で優れた功績を挙げた全世界の華人10名に贈られる
 「2010年中華文化人物賞」を受賞。
■2012年12月 ドキュメンタリーの発展に傑出した貢献をした中国内外の人物に贈られる
 第2回中国ドキュメンタリー学院賞(China Academy Awards of Documentary Film)
 「特別貢献賞」を受賞。

Register

*
*
*
*
*

*为必填内容