CCTV大富 All Site Powered By JIUsite.com
社長紹介
中文版 日文版

社長紹介

[ 略 歴 ]
sz_2

張 麗玲(ちょう れいれい)

株式会社 大富
  代表取締役社長

中国・浙江省生まれ。女優として北京で活躍した後、1989年来日。1995年、東京学芸大学・大学院修了。同年、日本の商事会社大倉商事株式会社に就職。1998年2月、中国国家テレビ放送を通じての日中交流事業立ち上げのため、大倉商事とフジテレビを説得し、CS放送会社「株式会社大富」を設立し社長に就任した。95年末から仕事の傍ら、中国人留学生の日本での生活を記録する為、4年間かけて制作したドキュメンタリー・シリーズ「私たちの留学生活~日本での日々~」が1999年末から2000年にかけて中国全土のテレビ局のゴールデンタイムで放送され、大反響を巻き起こした。このうち「小さな留学生」「若者たち」「私の太陽」は、フジテレビのゴールデンタイムで放送され、日本でも一躍“時のひと”に。2002年12月には、張麗玲自身がドキュメンタリーを撮影する姿を7年間追いかけ続けた記録が、日中国交30周年記念番組として、フジテレビで「中国からの贈りもの」とのタイトルで放送され、新たな話題を呼んだ。2006年11月3日、10年に亘り撮影し続けたドキュメンタリー「泣きながら生きて」(芸術祭参加作品)が同じくフジテレビのゴールデンタイムで放送され、さらに2009年11月から半年あまりの間、全国各地の劇場でのロードショーが実現したほか、2012年8月には、その中国語版「含泪活着」が中国(上海電視台)で初放送された。各ドキュメンタリーはいずれも脚光を浴び、中でも「小さな留学生」はフジテレビで5回再放送され、これまで前例のない大きな反響を引き起こした。一方で、2002年4月より中国人奨学生選考委員長を務め、また公益財団法人ウシオ財団理事にも就任。さらに2003年からは中華文化促進会海外理事および首席代表の任を受ける。

2007年10月には日中友好の史上初となる「中国人民解放軍交響楽団日本初公演」を企画・プロデュース。また軽部潤子原作・講談社出版の漫画『君の手がささやいている』の中国語版ドラマ『大愛無声』(中国版)の企画・総合プロデュースを手がけ、2011年5月、中国中央電視台での放送を実現させてドラマ制作業務という新領域を開拓、同作品は中国の視聴者、マスコミなどから高い評価を得た。(2012年春~スカパー!でも日本語字幕付で放送)また2011年10月、中国琵琶の皇后-章紅艶の来日公演を企画・プロデュースし、中国伝統音楽を通した文化交流を成功させたほか、2013年6月には、CCTV国際児童デースペシャル番組への日本の子供たちの初出演を実現させた。一方、2012年1月からは、CCTV大富チャンネル全番組の日中二か国語放送を本格始動。史上類を見ない事業として注目を集めている。

2014年3月からは、北京第二外国語学院の客員教授に就任。2015年9月、中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念軍事パレードに来賓として出席。同年11月より国内最大のケーブルテレビ運営会社株式会社ジュピターテレコムJ:COM TVサービス最上位コース「スタンダードプラス」でのCCTV大富チャンネルの配信を開始する。

[ 受 賞 ]
企画・制作したドキュメンタリー「小さな留学生」が、2001年6月「第27回放送文化基金賞」において「テレビドキュメンタリー賞」を受賞。併せて、監督・プロデューサーとして、「個人企画賞」もダブル受賞。また「JPPA賞 ドキュメンタリー部門エディティング金賞」「日本映画撮影監督協会 特別賞」なども連続受賞。2010年12月、中国で学術・文化の分野で優れた功績を挙げた全世界の華人10名に贈られる「2010年中華文化人物賞」を受賞したほか、2012年12月、ドキュメンタリーの発展に傑出した貢献のあった中国内外の人物に贈られる第二回中国ドキュメンタリー学院賞(China Academy Awards of Documentary Film) 「特別貢献賞」を受賞。

Register

*
*
*
*
*

*为必填内容